プログレスの月がサインを移動するとき

こちらの記事では、ホロスコープを読むときに出生図(ネイタルチャート)と合わせて見ていく、進行図(プログレスチャート)について書いてます。

 

astroletter.hatenablog.com

 


プログレスチャートで主に着目するのは、太陽と月です。
私たちは、新月から次の新月まで、約29.5日のリズムで動く月の影響を受けて生活していますが、プログレスでは約29.5年のリズムで私たちに影響を与えます。

 

プログレスの月が魚座

上の記事にも書いているように、7月29日に、私のプログレスの太陽が天秤座から蠍座へと移動したわけですが、今度は、昨日、私のプログレスの月が、水瓶座から魚座へと移りました。

 

月がサインを移動するのは、約2.5年に一度のことです。
この月は、先月蠍座に入ったプログレスの太陽とは、ピッタリ120度の角度で調和がとれている状態で、これから満月へと向かい、プログレスチャートの月相で言うと、上弦から満月へ向かう途中になります。

 

この時期は、長いリズムの中でも一番の攻め時。
やる気が沸き上がってきて、自信にも満ち溢れるときになります。
さあ、頑張らなきゃ。

 

私のプログレスチャートで満月になるのは、2025年2月12日。

 

満月は満ちるタイミングです。

物事が完成したり、成就したりと嬉しいことが起こりそうな時期。

だけど、何が起こるかは、やはり、それまでの行い次第ですよね。
それまでに、何をどう頑張ってきたかの結果が出るのが満月です。

 

f:id:astroletter:20190821105037j:plain

 

私の夫は、プログレスの満月の時期に、昇進試験に合格して昇進しました。
このころは、まだ、占星術に出会ってなかったので、出世とかまったく興味なさそうだった夫が急に試験を受けて、どした??って思ってました。
後で調べると、満月の時期だったのですね。

 

他にも、トランジットの影響もあったと思いますが、やはり、まずは「昇進試験を受ける」という行動を起こした結果の昇進です。

 

こんな風に書くと

そんなの当たり前ぢゃん

って思われそうですが、この、当たり前のことができない人はたくさんいます。

いい運気が来ていても、行動しなければ何も変わらないということです。

 

じ~っと待っていても、

棚からぼた餅は落ちてきませんよ。

 

と、自戒を込めて書いてみました・笑。
さあ、何をどう頑張ろうかな。
これから満月までの6年間が、踏ん張りどころだと思ってます。

 

プログレスの月とは

月が表すのは「気」
気になるところ、意識が行くところ、興味の対象などを表します。

 

私は、プログレスの月が水瓶座にあるときに占星術を始めました。
占星術水瓶座の象意の一つでもあります)
水瓶座で5ハウス。
5ハウスは、遊びやクリエイティブなこと。
占星術を学ぶのが楽しくてしょうがない感じですね。

 

プログレスの月が魚座に入る少し前から、カードリーディングにも興味が出てきて、少しずつ取り入れています。
タロットカードやオラクルカードは魚座の象意です。

 

私は、出生図の月が魚座なので、ますます魚座味が強まる感じになりそうです。
今はまだ5ハウス。
次の6ハウスに入るまではもう少し時間がかかりますが、徐々にお仕事モードに突入しそうです。

 

プログレスの満月に何が起こる?

プログレスの満月は、29.5年に1回のことなので、人生において何回も経験するものではありません。

 

前回の満月をさかのぼって調べてみたら、2番目の子供を授かった時期でした。
妊娠も、満ちるタイミングですよね。

 

私、プログレスの満月期の前後4年間で3人出産したわ・笑

 

 

次の満月ではどんなことが起こるのか楽しみです。

 

 

 

ホロスコープを読ませていただくときは、プログレスチャートも併せて読みます。
とても長いリズムにはなりますが、どんな流れの中にいるかで、行動指針の参考にしていただけたらと思います。

 

オンラインショップはこちらから。

 

星読み☆アストロレター