プログレスの太陽がサインを移動するとき

出生図を読むときに、合わせて見ていくのが、「進行法」とか「プログレス」と呼ばれる方法。


これも、占星術の基本的な考え方となっている万物照応からきており、「マクロコスモス(大宇宙)」と「ミクロコスモス(小宇宙)」の照応→「長い時間」と「短い時間」の照応という考え方になります。
要するに、生まれてから30年後の状態を見るときに、生まれてから30日後のホロスコープを読むというやり方です。遠くの天体はあまり動かないので、注目するのは主に太陽と月です。


全ての人に影響を与える運行(トランジット)の図と違って、その人だけの「体内時計」とも言われています。

 

進行の太陽は、一年に約一度進み、人生での目的意識を表します。ホントにゆっくりとした変化ですが、進行するにつれ成長していくさまが表されています。
進行の月のほうは、興味のあるところ、その時の気分などを表します。

 

進行図での太陽と月の角度も重要です。
とても長いサイクルになりますが、約30年に一度の満月や新月の時には、満月や新月を象徴するような出来事が起こったりします。

 

プログレスの太陽がサインを移動

さて、私事ですが、本日、私のプログレスの太陽が、天秤座から蠍座へ移動しました!


プログレスの太陽がサインを移動するのは30年に一度のことなので、

「パンパカパーン」

とファンファーレでも鳴らしてあげたい気分ですが(笑)特にイベントはありません(笑)


これから先30年間は、プログレ蠍座として生きるわけです。
30年生きてるのか?

 

昨日の、天秤座最後の一日は、お友達がサプライズで遊びに来てくれたり、夜は夫とご飯を食べに行ったりと、図らずも思い出に残る一日となりました。
偶然?たまたま?なのかもしれないけど、これが「シンクロニシティ」なのかな。
社交やパートナーシップを表す天秤座の集大成になったのかな?と思いたいです。

 

私のプログレスの太陽は、慣れ親しんだ天秤座を去り、未知の世界・蠍座へと入宮したわけですが、細かく見ていくには、その度数のサビアンシンボルが参考になります。


蠍座最初のサビアンシンボルは「観光バス」
蠍座は人や物事に深くかかわっていこうとします。
人と仲良くなって、感情を共有していく、そんな世界観の最初の一歩です。

観光バスは同じ目的を持った人たちが、バスという密閉された空間で体験や感情を共有するといったシンボルになるのでしょう。

 

これは偶然なのですが(これもシンクロ?)今月初めに、実母と初めての母娘二人旅に行きました。
バスツアーです。
残念ながら一泊二日くらいでは、なかなか他の参加者と仲良くなったりもできませんでしたが、プログレスの太陽が蠍座へ入宮する少し前に、シンボルっぽいことを体験したと思うと面白いですね。

 

少し前から、占星術をもっと深堀りしたい気持ちになっています。
これが、蠍座入宮の影響なのかと思います。
占星術はホントにマニアックで、勉強しても勉強しても尽きません。
これからもっと、蠍座らしく掘り下げていきたいと思っていますので、また、ブログを読んでいただけたら嬉しいです。

 

Line@のお友達募集してます。
ブログで取り上げてほしいこと、聞きたいことがあったら、お気軽に話しかけてくださいね。

 

友だち追加

 

 占いのお店をオープンさせました。

個人リーディングのお申し込みはこちらからどうぞ。

 

星読み☆アストロレター