牡牛座を語ってみよう

「平成最期の・・・」も、そろそろ聞き飽きてきましたが、10連休に突入しましたね。

改元のお祭りモードを更に加速させるようなGW、思い出に残る連休にしたいものです。

 

占星術的には、牡牛座シーズン。

この機会に牡牛座を語ってみたいと思います。

太陽、月など、どの天体が入ってるかで少し表れ方は変わってきますが、ザックリと行ってみます。

 

牡牛座ってこんな人 性格・性質

地のエレメント

不動宮

 

おっとり、ノンビリ、牛が草を食むようなイメージです。

地のエレメントなので、物質的なもの、自分が実際に経験した事が大切。地に足の着いた人、実直で、慎重に行動する人です。

不動宮なので、頑固、マイペース、持続すること継続することが得意です。

かなり腰が重く、何かを新しく始めたりすることは苦手とされます。

 

牡牛座は、よく、五感が発達していると言われていて、五感を使って経験できるものが大切ですね。

なぜ五感が発達してるかと言うと、12星座のストーリーからこんな風に考えられます。

 

12星座は牡羊座から始まっていて、牡牛座は2番目。

牡羊座で『I am』【我あり】と、自分の存在に気づいたタマシイが

牡牛座で『I have』【所有する】と、自分が身体を持っている事に気づきます。

 

生まれたばかりで、泣く事で自分の存在を主張していた赤ちゃん(牡羊座)が、目が見えるようになって、自分の手足をジッと眺めてみたり、口に入れて確かめているような段階が牡牛座でしょうか。

 

だから牡牛座は、五感で感じることが大事、自分の身体で感じる事が大事なのです。

 五感と同じく身体能力が高い人も多いです。持久力高そう。生命力も強いです。

 

それからよく言われるのが所有欲。

自分が欲しいものをどん欲に手に入れます。 

自分のお気に入りのものを、たくさん集めて飾って眺めていたい、コレクターも多いですね。 

自分のこだわりのモノたちに囲まれて、居心地のいい部屋で、まったりと美味しいものを食べているのが至福の時です。 

一度好きになると変わりません。

食べ物も、気に入るとずっと同じものを食べていたり、ずっと同じ服を着ていたり、ずっと同じ人が好きだったり、浮気しないのが牡牛座です。

 

 f:id:astroletter:20190427154326j:plain

 

牡牛座の支配星は金星

愛と美の星、金星が牡牛座の支配星です。

金星に象徴されるような美しいものが大好き。

そして、美しい人も多いです。

牡牛座の女性は、「美人」というよりは「イイ女」といったほうがしっくりきます。

お顔立ちが美しいだけではなく、「カラダ」がいいんですよね。

なんかイヤラシイ言い方になっちゃったけど。

でも、決していやらしい感じではなく肉感的で、健康的な色気があるのが牡牛座の女性です。

イメージ的には長澤まさみさん。長澤さんは金星が牡牛座にあります。

本来の座にいる金星なので、金星パワー全開ですね。

 

美しいもの、上質なものが好きで、センスの良い目利きでもあります。

単なるブランド物にこだわるわけではなく、本当に質の良いもの、職人が作ったようなものが好きな人です。

五感が大事なので、身に着けるものは、肌触りの良いものも大事ですね。

 

 

いかがでしたか?

ほんの一例ですが、牡牛座のこと何となくわかっていただけたかな?

来月は、双子座を語りますね~。