ワクワクする毎日を引き寄せるやさしい占星術

星のリズムでココロとカラダを整える

占星術どうでしょう

夫に「占星術を勉強しようと思う」といった時の反応。

こういうのかぶって(頭にベールをかぶる仕草)

こうやるんでしょ?(水晶に手をかざす仕草)

って、半笑いされた。

 

夫の占い師のイメージ

 

f:id:astroletter:20190207110437j:plain

 

いやいや、もう、平成も終わろうとしている中、こんな占い師いませんから!

(いるかもしれないけど・笑)

 

でも、フリーの素材を提供してくださるサイトで「占い師」で、検索して出てきたのがこの画像だから、デフォルトの占い師は、こういうイメージなのかもね。

 

占い師はともかく、少なくとも今の時代の占星術師はこんな感じですよ。

f:id:astroletter:20190207105554j:plain

 パソコンやタブレットスマホなどでデータを出して占います。

 

占いもいろいろあるからね。

 

タロットとかだと、また、イメージ違うだろうし、姓名判断、手相人相、東洋の占いもまた、全然違ったイメージですね。

今日は、占星術ってこーゆーのって、ざっくりお話してみたいです。

 

占星術ってなに?

星占いとどう違うの?

星占い、いわゆる12星座占いは、その人の太陽だけに着目した占い。

一方、占星術は、太陽、月、それから太陽系の7つの惑星を使った占いです。

 

めっちゃザックリ言うと、こんな感じ。

 

太陽だけじゃないの?

占星術で使うのは、太陽、月、水星、金星、火星、木星土星天王星海王星冥王星

冥王星は、準惑星ですが、占星術では惑星として扱っています。

 

他にも小惑星とか、感受点と呼ばれるポイントとかいろいろ使って精密に占います。

 

きちんと占うためには、12星座占いと違い、生年月日、出生時間、出生場所が必要になります。

出生時間と場所は、わからなくても占えますが、読み取れる情報量が格段に少なくなります。

 

12星座占いで使うのは「太陽星座」

占星術では、同じように「月星座」「水星星座」・・・などを使います。

 

12のサイン

「星座」と、呼ばれますが、実際にお空にある星座とは違います。

なので、占星術では「サイン」という言葉を使います。

 

太陽の通り道を「黄道」とし、1年=1周=360度を30度ずつに切り分けたのが、「サイン」で、春分の位置を始まりとし、牡羊座から始まり魚座で終わります。

 

生まれた瞬間に、太陽が牡羊座の位置にあれば、牡羊座生まれの人=太陽星座が牡羊座

 

生まれた瞬間に、水星が山羊座の位置にあれば、水星星座が山羊座となります。

 

 

ほんとにざっくりですね(苦笑)

 次回も、続きをお楽しみに!